ウエディング用語集 披露宴編

アクアイリュージョン

発効させた液体を器に注いでテーブルに置いたり、シャンパンピラミッドのかわりにする演出のこと。
見た目が幻想的。

ウエルカムスピーチ

披露宴のはじめに新郎新婦、または司会者などが、ゲストに感謝の気持ちを込めて行う短いスピーチのこと。

鏡開き(かかみびらき)

新郎新婦が日本酒の入った酒樽を小槌で割る演出。結婚するふたりの新たな出発に健康や幸福を祈願する。酒はゲストにふるまう。

キャンドルサービス

新郎新婦がゲストの各テーブルのキャンドルに灯を灯し、最後にメインキャンドルを灯す
お色直しの再入場時に行う事が多い。

クロカンブッシュ

「ごつごつした木」という意味で、小さめのシュークリームを積み上げて固めたウエディングケーキ。

ケーキサーブ

生のケーキに入刀したあと、ケーキを切り分けて招待客へふるまう演出。
ゲストと新郎新婦が歓談をするチャンスにもなる。

サムシング・フォー

ヨーロッパに伝わる結婚にまつわる言い伝えで、花嫁が「新しいもの」「古いもの」「借りたもの」「青いもの」の、4つのものを身につけると幸せになるといわれる。

シャンパンピラミッド

ピラミッドの形に積み上げたシャンパングラスに、上からシャンパンを注ぐ演出。
シャンパンが溢れて流れ落ちる美しい様子が目を引く。
シャンパンはゲストにふるまわれる。

高砂(たかさご)

披露宴で新郎新婦が座るメインテーブルのことをさす。
ゲスト席よりも1弾高いが、レストランウエディングなどでは、ゲストと同じ高さにすることも。

中締め(なかじめ)

披露宴が終了したころのこと。
「お祝いの宴はこれから」という意味がある。

バルーンカット

大きなバルーンを新郎新婦が割ると、小さなバルーンが飛び出す演出のこと。
野外での演出に向く。

ファーストバイト

ケーキ入刀の後、新郎新婦がケーキを互いに食べさせ合う演出のこと。
新婦は「一生おいしい料理を作ります」
新郎は「一生食べるものに困らせません」
という誓いの意味がある。

ブーケプルズ

ブーケトスのかわりに行われる演出。
ブーケにリボンをつけ、未婚の女性に引っぱってもらう。
ブーケを引き当てたら次の花嫁になれるといわれる。

プチギフト

披露宴の後、ゲストを見送るときに新郎新婦が直接配る小さな贈り物のこと。
クッキーやジャム、キャンドルなど、小さなお菓子や雑貨が多い。

持ち込み料(もちこみりょう)

プランに入っていない衣装や引き出物などを会場へ持ち込むための料金。
「保管料」と呼ぶこともある。

ラッキービーンズ

ケーキの中にいんげん豆をいくつか仕込んでおき、あたったゲストにプレゼントを渡す演出。
豆ではなく飴などのお菓子の場合もある。

ワインサーブ

お色直しで新郎新婦が再入場するときにワインを持って、招待客に注ぎながら挨拶をする演出。キャンドルサービスのかわりに行うことが多い。ビールやシャンパンで行うこともある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)